良い波動の言葉とはどんな言葉?

 

言葉で波動が変わる

 

 

良い波動の言葉は
ずばりポジティブな言葉です。

 

・面白い
・幸せ
・ありがとう
・楽しい

 

など

 

これらの言葉が自然に出てくる人は
良い波動を持っています。

 

 

 

その反対に

 

・つまらない
・楽しくない
・ツイていない
・疲れた

 

などのネガティブな発言は
どんどん波動が下がっていってしまいます。

 

そして波動が下がれば
本当につまらない毎日になったり
疲れてしまうことが増えたり
実際にツイていないことを引き寄せてしまいます。

 

 

何気ない言葉でも
自分で思っているよりずっと
人に影響を与えてしまいます。

 

 

自分自身の口癖を振り返ってみる

 

 

また、もしかすると自分では気づいていない
ネガティブな口癖はあるかもしれません。

 

 

例えば誰かに何か親切にしてもらったときは
「すいません」ではなく
「ありがとうございます」と言った方が
よりベストです。

 

私も口癖で「すみません」を
咄嗟に言ってしまっていたのですが
意識して「ありがとうございます」
を言うようにしています。

 

また「疲れた〜」なんかも
何気なく言ってしまうことがあると思いますが
あまり良い言葉ではありません。

 

これも「疲れた」ではなく
「今日もいっぱい仕事した〜!」や
「よく動いたわ」
「なんだか充実していたな−」
なんていう風にいくらでも
言い換えることはできますよね(^-^)

 

 

このような自分では気付かず
波動を下げる言葉を言っている可能性はあるので
よく自分自身を振り返ってってみましょう。

 

そしてネガティブな言葉は
無理やりにでも言い換えしてみましょう♪

 

最初はネガティブ発言が思うように言えなくて
モヤモヤしてしまうかもしれません。

 

ですがこういったポジティブ発言も習慣付ければ
苦にはなりません。

 

21日毎日続ければ人は習慣化できるようになるので
まずは3日、一週間、3週間という風に
コツコツと続けてみてください。

 

言葉が変われば自然と行動も変わり、
そして波動もいい方に変わっていきます。

 

他人に向けた言葉は自分に返ってくる!?

 

そして、他人に対する愚痴や
不平不満なども口にすると
波動は下がっていってしまいます。

 

脳は主語を誰か理解していないと
言われています。

 

そのため他人に向けた発言を脳は
自分のものとして受け止めてしまうことが
あるのです。

 

他人に向けた愚痴や不満はそのまま自分に
降りかかっていると考えたら
他人に対しても積極的に
いい言葉をかけるようにしたいですね。

 

これらのように普段の自分の言葉を意識することは
波動をよくするためにもとても重要です。

 

波動を高める行動だけしても
言葉が普段からネガティブだと
波動を上げることは難しいです。

 

・関連記事
良い波動の引き寄せ方

 

 

まずは自分の言葉を意識して
良いものにしていきましょう。