負のオーラを浄化する方法!

 

 

 

今回は自分についてしまった負のオーラを
浄化する方法をお伝えしていきたいと思います。

 

簡単に実践できることだけをご紹介しているので
是非試してみてください。

 

負のオーラの特徴をまとめた記事になります。
↓ ↓ ↓
あまり近づくべからず!負のオーラの人の特徴とは

 

 

 

 

負のオーラはそれらをまとった人と関わることで、
その気をもらってしまうこともありますが、
たくさんの人がいる場所に行った時にも
もらってしまうことはよくあります。

 

 

人混みに入っただけで疲れてしまうっていう人は、
負のオーラをもらっている可能性は大いにあります。

 

 

 

負のオーラを浄化する方法

 

 

塩風呂に入る

 

 

お風呂をきちんと掃除した後
塩をひとつかみ入れたお風呂に1番風呂で入ります。

 

 

塩は精製されていない天然の粗塩を使いましょう。

 

 

塩には浄化作用があるので悪い気を払うのに
とても効果があります。

 

 

そして更に効果を倍増させたい場合は
日本酒を同時に入れることでより強力な
浄化作用がもたらされます。

 

 

色々な人と関わって精神的にとても疲れたなという場合は
実践してみてください。

 

 

 

部屋を掃除する

 

 

部屋が汚れたり荒れている場合は
精神的にも乱れて負のオーラであることが多いです。

 

 

そして汚れた部屋は更に
負のオーラを引き寄せてしまいます。

 

 

そういった状況から脱出するためにも
必要ないものは処分して部屋を徹底的に綺麗にします。

 

 

特に水回りや玄関は入念にピカピカにしておきましょう。

 

 

また玄関については水拭きをきちんとします。

 

玄関を拭き掃除をするときにも
水に塩を混ぜて掃除することでより浄化されます。

 

 

家が綺麗であることで
自分自身のオーラも良い方に変わってきます。

 

 

特に水回りや玄関については
毎日コツコツと掃除することをお勧めします。

 

 

綺麗な状態を維持することで
負のオーラを纏いづらくなります。

 

 

 

お香を焚く

 

 

部屋を綺麗にした後にお香を焚けば
さらに浄化することが可能です。

 

 

おすすめなのがホワイトセージです。

 

 

ホワイトセージは昔から
ネイティブアメリカンの儀式にも
使われているというハーブです。

 

 

ホワイトセージに火をつけると煙が出ます。

 

 

この煙はあらゆるものに対して
浄化作用があるので
これを部屋で焚くことで家全体が浄化されます。

 

 

荒れた部屋でハーブを焚いても意味がないので
掃除はきちんとしておきましょう!(笑)

 

 

 

瞑想をする

 

 

瞑想は負のオーラを浄化する効果があります。
1日1分でもいいので習慣化することで
負のオーラを払うのはもちろん、
ストレスが軽減したり 前向きになることができます。