あまり近づくべからず!負のオーラの人の特徴とは

 

 

 

 

今回は負のオーラを持つ人の
特徴について説明をしていきたいと思います。

 

 

負のオーラを持つ人とは出来る限り
関わらない方が良いとされています。

 

なぜなら長い時間を一緒に過ごすことで
その負のオーラをもらってしまう可能性があるからです。

 

 

ですが身近に負のオーラをまとった人がいる場合
なかなか避けるということ難しいと思います。

 

そこで身の回りにこのような人がいた場合の
対処法についても一緒にお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

負のオーラを持つ人の特徴

 

 

 

いつも物事を批判している

 

 

身の回りの人に対してはもちろん
テレビや雑誌などを見て
常にマイナス意見を言う場合や
ネガティブなことばかり発言する人は
負のオーラを持っていると言っていいでしょう。

 

 

こういった人と一緒にいると
嫌な気持ちになってしまいます。

 

とっても身近な人の場合、
そういった考え方や意見が
自分にうつってくる場合もあります。
なのでこういう人とは 出来る限り
付き合わないのがベターです。

 

 

 

自分に自信がない人

 

 

自分に対して極端に自信がない人も
負のオーラを纏っていると言えます。
「私なんか」が口癖だったり
自分のことが嫌いだと常に思っているような人は
頭の中で思っているだけでも
それがオーラとして現れてきます。

 

 

こういった人は悪い人にも
付け込まれやすいので注意が必要です。

 

 

もし自分にそのような特徴がある場合は
改善できるようにしてみましょう。

 

 

 

常に周囲を妬んでいる人

 

 

常に自己中心的で周りを
妬んでいるような人も負のオーラがあります。

 

 

何かに対して努力をしていて
周りに勝てず悔しいという感情を持つのは
悪いことではありませんが
何も努力をせずに周りを妬んでいるような人は
負のオーラが強いです。

 

こういった人と付き合っていくのは
かなり悪影響なので出来る限り
距離を置いた方が良さそうです。

 

 

一緒に過ごしていると気分が落ち込んでしまう

 

 

特に上記のような特徴がないのに
一緒に過ごしていたり会話していると、
不思議と気分が落ち込んでしまうような人も中にはいます。

 

 

これは相手の負のオーラに自分も影響されてると言えます。

 

 

対処法としては、
こういった人と会う時はパワーストーンを
身につけることをおすすめします。

 

 

特におすすめの石がホワイトメノウやレッドメノウ、
アラゴナイトという石です。

 

 

これらのパワーストーンを身につけることで
気分が引きずられることがなくなると思います。

 

 

 

負のオーラを持つ人と関わるときの対処法

 

 

対処法としては先ほどを紹介したような
パワーストーンを見つけることと
あとは自分自身が負のオーラに引っ張られない
という強い意志を持つことです。

 

一緒に行って何となく嫌な感じがするなあ
と思っても自分自身に毅然とした意思があれば
悪い方に影響されることはないです。

 

 

また常に普段から波動を高めるような
行動をしているとどんな人と関わっても
悪い影響を受けることがなくなってくるのでおすすめです。

 

 

・波動の高め方の記事はこちらです

 

波動を良くする具体的な方法とは?