悪いことを想像したら潜在意識にも悪影響?

 

 

 

今回は 悪いことを考えてしまった時の
潜在意識に対する影響について説明していきたいと思います。

 

 

 

潜在意識を良くしていくような
行動を実践していたとしても、
人間なのでふとした瞬間
に悪いイメージがよぎったり
ネガティブな感情に苛まれることは珍しくありません。

 

 

そしてネガティブになってしまって、
もしかすると悪いことが引き寄せられるのではないか
というふうに不安になってしまう気持ちはよく理解できます。

 

 

 

特にもともとネガティブ思考が染み付いてしまっている人は
肯定的な事を口にしていても完全に
ネガティブ思考を消し去ることはかなり難しいことです。

 

 

 

そこでネガティブになってしまった時の対処法と、
考え方についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

たまには悪い感情になってしまうのは潜在意識に影響はない

 

 

ふとした時にネガティブになったり
悪い想像をしてしまったくらいでは
潜在意識に影響はしないと考えていいです。

 

たった一度思ったことがその度に
引き寄せられていたらそれは逆にすごいことです。(笑)

 

 

きっとそういう能力があるなら
これからなんでも叶えることはできますよ。

 

 

なのでたまにネガティブ思考になったり
悪い想像することは基本的には問題ないと思います。

 

 

ですが気をつけて欲しいのは
そのネガティブ思考を長く引きずらないということです。

 

 

そのためにはそのネガティブな感情や
悪い想像はまあいいか、仕方ないで
済ますことが大事になってきます。

 

 

悪い想像をしてしまった!どうしよう!どうしよう!!

 

という焦る気持ちや、

 

やっぱり自分のネガティブな性格は
治っていないんだ
という落ち込んだ気持ちが逆に潜在意識には
良くないことであると言えます。

 

 

そのためこういった感情は
人間だったら誰にでもあることで
仕方のないんだからどうすることもできない!
というある種の諦めが必要になってきます。

 

 

なのでネガティブ思考は仕方ないと
思ってすぐに流すようにしましょう。

 

 

そしてネガティブなことを考えてしまった分、
肯定的なことを考えたりポジティブな言葉を
いつもよりもより発するようにすればいいだけです。

 

 

 

そして万が一ネガティブな考えや
悪い想像が止まらないという時は
自分の気持ちを
すべて紙に書き出すことがおすすめです。

 

 

なぐりがきでいいので一気に
自分の気持ちを紙にぶつけます。

 

そしてその紙を一気にビリビリに破いて
燃やすなり捨てるなりします。

 

そうすることでかなりすっきりするのでおすすめです。

 

悪い考えは紙にぶちまけてすっきりしましょう!

 

 

・関連記事
波動の法則と潜在意識の書き換えで最強の引き寄せができる